リユース工房
>
お酒 高価・宅配買取
>
焼酎取り扱い銘柄一覧
>
森伊蔵

森伊蔵

森伊蔵
蔵元の「森伊蔵酒造」は明治18年(1885)創業。
垂水市牛根境に位置する蔵の大きさは150坪ほどの敷地で、契約栽培の原料芋を高隈山系の伏流水と白麹で仕込まれています。

鹿児島県岩崎地区の農家と契約による有機栽培のさつまいもを原料とし、湧水の湧きいでる桜島、鹿児島県垂水市に蔵があります。
昔ながらの合掌造りの蔵の中で、昔ながらのかめ壷仕込みを守り、 造りにこだわり、生まれる焼酎。

「森伊蔵」の酒名は4代目の名前が由来です。
当時は焼酎の銘柄で、人名をブランド名にするのが流行っており、かつての銘柄は「錦江」。このラベルもいくつかの変遷を経ています。

原材料の「芋」はそれまでは仲買い人に任せていたが、鹿児島県一の薩摩芋の生産地、大隅半島にある8件の専業農家と独自に契約を結ばれました。
これにより、低農薬の良質な黄金千貫(芋の種類で、焼酎作りに欠かせないデンプンを多く含む品種)を確保できるようにし、麹造りに使うお米は福島のコシヒカリを使用。

芋焼酎のトップ・ブランドとして、魔王、村尾と合わせて「3M」と呼ばれています。
ちなみに最初は「契約栽培」ではなく「有機栽培」でした。
「森伊蔵」を発売し10年以上経ちますが、その人気は今も衰えることはありません。

" 森伊蔵の裏話として…"

大相撲ファンである、フランスのシラク前大統領が、以前に九州場所を観覧し、その後博多の町で食事をされた時、焼酎が出され、それが「森伊蔵」だったとのこと。

シラク前大統領はこの焼酎はフランスのブランデーよりもおいしいと言い、フランスに森伊蔵を何本か持ち帰られました。
その後、森国会議員が首相だった時にパリを訪問し、晩餐会に招かれ、その時に出たお酒も焼酎の森伊蔵だったそうです。

鹿児島選出の国会議員がこの森伊蔵のウワサを聞き付け、議員本人が蔵元に電話し、注文をしようとしたところ、「森伊蔵は限定生産ですので、こちらの蔵に買いに足を運んでくださる方のみに販売しております」。
と言われ、議員本人が電話したにも関わらず、あっさりと断られてしまったとのこと。
とても好感の持てる対応も、幅広い方から愛され、支持の高い焼酎と頷ける銘酒です。

 

 

高く売るポイント

商品の状態が重要です!

外見も重要な査定ポイントとなりますので、化粧箱や商品のラベルなど傷みが少なければより高価に!

商品の付属品も重要です!

箱や冊子、付属品は全てセットでお売りください!
より価値を高めます!

もちろん中身も重要です!

保管状態はとても重要です!
ワインセラー保管の有無などは特に重要ですので、お見積り時にはご記入ください!

銘柄も重要です!

人気の高い商品、買取強化中の商品はより高額に買い取り致します!

お売りいただける量も重要です!

1点からでも買取、見積りいたしますが、まとめてお売りいただけるとサービスできる幅も広がります!

 

 

宅配買取の手順

宅配買取依頼書PDF

問合せメールフォームへ